エンジニアにとって独立して個人事業主となるのは人生の大きな転換となります。その将来性を導き出すことができてようやく踏み出せるものであり、自分の可能性を客観的に見つめて将来展望を考えなければなりません。一般に言われているのは若い間しか働けないというものであり、仕事の獲得が難しくなってきたら潔く別の働き方を選ばなければ食い扶持に困ってしまうとすら考えられているのです。しかし、実際の状況を知ると必ずしもそればかりが真実ではないことがわかります。そのきっかけとして役立つのが自己啓発セミナーです。セミナーを通してマーケティングを学んだり、ビジネスの考え方を身につけたり、独立するためのノウハウの伝授を受けたりすると将来展望が開けていきます。エンジニアとしての将来のために役立つスキルが身につくよりも、むしろ経営者としての視点が身につくのが独立するメリットであると気づくでしょう。

そして、自ら経営を担いながらエンジニアとしての仕事も行っていくと経営の全体像が理解できるのです。その結果として、個人事業主として生涯生計を立てていくという将来設計を行う人もいます。また、その全体像が理解できた時点で廃業を決意し、経営の手腕を活用して管理職へのキャリアアアップの転職を行う将来に進む人もいるのです。個人事業主として働いて得られる能力で、勤め人として働き続けるのと異なるのは経営力であり、それを活用した将来が描けるようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です