フリーランスとして独立した個人事業主のエンジニアは、常に自己投資を行う人は高い年収を得ています。フリーランスとして活動する人の数%は年収1000万円を超していると言われています。けれども毎日の仕事に追われて自己研鑽ができない人は、会社員時代よりも少ない年収にもなっています。まず大切なのは、独立して間もない頃にきちんと自己投資によってスキル磨きを行えるようにすることです。そのためには、独立する前にある程度のクライアントを確保しておく必要があります。収入源を確保しておくことで単価の安い仕事に流れず高い単価を得るためのスキル磨きができるわけです。その結果、単価の高い仕事を得ることで時間に余裕が生まれ、その結果自己投資をする余裕も生まれます。そのような流れを作ることで、年収1000万円を目指すことも可能です。

しかし、しっかりと準備せずに独立した場合、まずはクライアントを確保するために数多くの仕事をこなして信用を得ることが必要になります。そのためには、単価の安い仕事を選んで多くの時間を割くことになるわけです。その結果、自己鍛錬のための時間を確保できずにスキルも磨けません。あるいは当面の生活費を確保できていれば、最初からスキルを磨く時間も確保できますし、その結果単価の高い仕事を得ることができます。個人事業主となればこのように自分の時間を自由に配分できるので、計画性を持って取り組むことで年収も大きく増やすことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です